アラフィフ旅マニア ブログ。神社仏閣、仏像、遺跡、御朱印、美術館と、ちょっと贅沢なリゾートをご紹介します。

薬師寺 玄奘三蔵院伽藍エリア参拝記

6

玄奘三蔵院の大唐西域壁画殿で平山郁夫画伯の壁画を堪能する

薬師寺の 白鳳伽藍エリア は広大な敷地に見どころ満載で、この一つの寺院だけで1日の観光を終えても良いと思えるほどの満足度でしたが、実はもう一か所訪れるべき場所があります。

北拝観受付のある興樂門を出ると「玄奘三蔵院」の案内がすぐに目に入ります。

玄奘三蔵は中国・隋代に生まれ、「西遊記」の三蔵法師のモデルとなった人物ですが、薬師寺になぜ「玄奘三蔵院伽藍」があるのかを、薬師寺のホームページでは下記のように説明しています。

玄奘三蔵(602-664)は中国唐代に活躍した実在の僧侶です。玄奘三蔵は当時の中国に未だ伝来していなかった経典を求めて、27歳のときインドへ求法の旅にでます。インドで修学の末、経論や舍利、仏像を携えて17年に及ぶ旅を終え帰国されました。 帰国後は、持ち帰った経典や論疏657部の中から75部1335巻を翻訳されました。最もよく知られる『般若心経』も玄奘三蔵の翻訳によるものです。 玄奘三蔵の求法の旅の目的は「唯識」の教えを究めることでした。その教えは玄奘三蔵の弟子である慈恩大師により、「法相宗」として大成し、飛鳥時代の道昭僧都などにより日本に伝来しました。現在、法相宗の大本山は薬師寺と興福寺ですが、 今も玄奘三蔵は法相宗の鼻祖(始祖)として仰がれています。

特に、薬師寺では玄奘三蔵の遺徳を後世に伝えるべく、平成3年(1991)に玄奘三蔵院伽藍を建立しました。伽藍中央の玄奘塔には、玄奘三蔵のご頂骨(頭部の遺骨)をお納めしております。 このご頂骨は、昭和17年(1942)に中国南京で発見され、その後、全日本仏教会に分骨されました。埼玉県さいたま市の慈恩寺に奉安されたご頂骨を、玄奘三蔵の遺徳顕彰のため昭和56年(1981)に薬師寺にもご分骨を賜り、 玄奘三蔵院伽藍を建立して安置いたしております。

玄奘塔の正面には故・高田好胤和上の染筆で「不東」の二文字が輝きます。この言葉は、玄奘三蔵の、経典を手に入れるまでは東(中国)へは帰らないという決意を表す言葉です。

引用:薬師寺公式HP

玄奘塔 の「不東」の額は正面の扉の上に飾られていますね。ここに、あの有名な「三蔵法師」様のお骨が納められていると思うと感慨深いですね。「西遊記」は子供の頃にテレビでも書籍でもお世話になった馴染みのある物語です。

アクセス

玄奘三蔵院伽藍へは大門からアクセスします。大門を抜けるとひろーい敷地の先に、朱塗りの伽藍の存在が伺えます。

大門のところにも案内がありましたが、こちらのお写経道場で写経ができるようですね。

礼門

日本の寺院様式とは違った意匠の、礼門と石碑。両側に亀が石碑を支えています。「大遍覚三藏」と書かれているようですね。

礼門から、「玄奘三蔵院伽藍」の、「玄奘塔」を臨む。

玄奘塔

とても良い天気! 前回訪問した際には修学旅行の学生たちでごった返していたので、こんな静かな空間でじっくり参拝できるのがとても貴重に感じます。

唐様式の六角形の塔の内部には、大川逞一氏の「玄奘三蔵訳経像」が安置されています。

大唐西域城壁画殿

写真はNGがNGなのでこの感動をお伝え出来ないのが残念でならないのですが、私がこの伽藍を訪れる目的は、ひとえに平山郁夫画伯の「大唐西域壁画」観賞するためなんです。

これは、7場面13枚、全長49mの大壁画で、玄奘三蔵の旅した地を実際に訪れ追体験することにより描かれた傑作なんです。この壁画を飾るために建てられたと思われる、最高の環境で鑑賞できますので、美術好きな方はぜひ訪れていただきたい場所です。

私は2度目の訪問ですが、最初見たときの感動そのままに、時代を超えて受け継がれるべき傑作を間近に見ることができる幸せに酔いしれました。

次回は「 唐招提寺 参拝記」をご紹介します。

奈良Contents

01-AN-GRANDEホテル奈良 ホテル 宿泊記 施設紹介
02-AN-GRANDEホテル奈良 スーペリアツイン宿泊記
03-AN-GRANDEホテル奈良 Dining an-saison 朝食
04-奈良 氷室神社参拝記
05-早朝散歩で春日大社へ
06-薬師寺 白鳳伽藍エリア参拝記
07-薬師寺 玄奘三蔵院伽藍エリア参拝記
08-唐招提寺 鑑真和上御廟 参拝記
09-奈良国立博物館で金峯山寺仁王門金剛力士立像を見る
10-東大寺 南大門から中門へ
11-東大寺 大仏殿参拝記
12-東大寺 二月堂 三月堂 参拝記
13-東大寺周辺観光
14-興福寺 参拝記
15-奈良観光-あぶれちやった写真あれこれ
16-天丼まきの 奈良東向き商店街店
17-柿の葉寿司のゐざさ 中谷本舗 夢風ひろば店

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。