アラフィフ旅マニア ブログ。神社仏閣、仏像、遺跡、御朱印、美術館と、ちょっと贅沢なリゾートをご紹介します。

温泉パラダイス-霧島ホテル-百年杉庭園

72

現在時刻14時。チェックイン時間まで1時間あるので、ホテル自慢の百年杉庭園を散策しました。庭園入り口には赤い鳥居も見えています。神社があるんですね。

11月27日(金)のスケジュール

時間場所備考
6:40羽田空港第二ターミナル
7:25羽田空港ANA619
9:25鹿児島空港着
9:40鹿児島空港発/9番乗り場霧島「のったりおりたりマイプラン」1日乗車券(大人1,100円) 鹿児島空港~霧島いわさきホテル線
10:19硫黄谷バス停着ホテルに荷物を預ける
10:35硫黄谷バス停発霧島連山周遊バス
11:29高千穂河原着ビジターセンター霧島神宮古宮址参拝
13:29高千穂河原発次便15時30分/16時21分
13:57硫黄谷バス停着ホテルに送迎依頼
百年杉庭園見学ホテル庭園展示見学
15:00霧島ホテルチェックイン東館和室
温泉三昧杉パレス ディナー付き 飲み物別途

圧巻の百年杉庭園

庭園入り口にある庭園マップ。鹿とイノシシ・・・出るみたいですね笑
狸も出るみたいです笑。夜間ライトアップされていると書かれていたので歩いてみるつもりでしたが、やめておきます笑。
硫黄谷温泉神社の鳥居です。石段登りきったところに社殿があります。
硫黄谷温泉神社。おみくじを引く人、結構いるんですね。
左手にご神水が湧き出る手水があります。
その先にはこの地をおとずれた歌人たちの歌碑が。あ庭園あちこちにありますが、やはり与謝野鉄幹、晶子ご夫婦は一番に配置されていますね。ホテルの露天風呂の名は、男性は「鉄幹の湯」女性は「晶子の湯」でした。
その先に道なりに進むと居心地のよさそうな東屋と、小さな鳥居が見えますね。
カメラを縦にして、杉の高さを感じてみました。こんなに真っすぐ、等間隔にそろっているとまた「清々しく」なってしまいますね笑。
東屋の隣にあったのは御神木でした。
ここに座って、硫黄谷の湯けむりを眺めるのはなかなかお勧めです。
・・・ムササビとテンも出るみたいですね。動物の種類がどんどん増えてきました笑。
この奥に見えるのが、東館5階にあるレストラン「杉パレス」ですね。こちらで夕飯をいただきましたが、屋内から見るライトアップされた杉木立は素晴らしかったですよ。
椿と山茶花の区別がいつも難しい・・・森の中に一輪、二輪の鮮やかなピンクが映えますね。
先ほどの硫黄谷温泉神社とは別の入り口です。こちらは階段が続きますので元気な方向き。

30分ほど散策して、近くの自然遊歩道まで足を延ばして、最古の露天風呂を見るか悩んだのですが、日が陰って寒くなったので、ホテルの展示や売店の品ぞろえを見ようと、チェックイン時間前でしたがホテルに入りました。

明日はホテルの展示を中心にご紹介します。龍馬さんがたくさん出てきますよ笑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。