アラフィフ旅マニア ブログ。神社仏閣、仏像、遺跡、御朱印、美術館と、ちょっと贅沢なリゾートをご紹介します。

いざ!出雲大社へ-出雲空港(出雲縁結び空港)

48

ANAマイラーがJALで飛ぶ!

今日から出雲大社と厳島神社、山陰、山陽地方の二つの有名な神社を巡る旅をご紹介します。

ちょうど1年前、2020年3月の旅で、ちょうどコロナの影響で大量にキャンセルがでて、インバウンドの観光客もいないという、考えられないほど空いている時期だったようです。そのため、とても貴重な、ゆったりとした時間を過ごせたように思います。

今回は写真多めなので、約1か月をかけて、3月18日(水)から22日(日)までの、4泊5日の旅をご紹介していきます。

私の勤務している豊洲エリアからは頻繁に羽田空港にエアポートシャトルが出ています。飛行機の時間を調べていたところ・・・残念、出雲縁結び空港にはANA便は飛んでいないのでした。マイルが~涙。

諦めて今回はJALでひとっ飛び。この頃定時よりも1時間早く出社していたので、17時に退社でき、豊洲17時過ぎのバスに乗って羽田へ。羽田から18時半発、20時着のJL287便で出雲空港へ。1時間半でついてしまうんですね。思っていたよりもずっと近いです。

久しぶりのJAL便ですが、ほぼ人が乗っていない状況でした。「こんな状態で飛ばすのも申し訳ない」と思っていたところ、CAさんがすごく優しく話しかけてくださり、気持ちを軽くしてくれました。JALのCAさんって、大人ですね。ちょっとファンになりました。

出雲縁結び空港到着と、やらねばならないこと

出雲は「縁結び」推しなんですね。どこに行っても「縁結び」の言葉とグッズがてんこ盛りです。

ターンテーブルに何かがいると思ったら、八岐大蛇(やまたのおろち)とスサノオノミコトでした。神話の里に来たって感じがしてきました。天井には紫雲が浮かんでいます。

到着口を出ると、出雲特産来待石で彫られた大黒様がお出迎え。とても縁起の良いオブジェだそうで、触ったり、一緒に写真を撮ってください、とのこと。めちゃくちゃ笑顔で運気が上がりそう笑

「やらなくてはならないこと」とはコレ!  バスや観光に出る前に、「縁結びパーフェクトチケット」を購入すること。

これ、出雲地方を周遊するならばマストで購入したいチケットなんです。山陰・出雲路をめぐる電車・バスが3日間乗り降り自由で、30施設の優待割引きあり。出雲空港から各地を結ぶ空港連絡バスも含まれるので、空港に到着したらすぐに購入がお勧めです。

私は2日間しか使いませんでしたが、それでももとは取れました(当時3000円)。今は4000円なんですね~。1000円も値上がりしている・・・でも空港バス往復と一畑電車に乗って宍道湖をめぐって、松江観光・・・くらいで十分かと思います! 

縁結びパーフェクトチケット

販売価格4,000円(大人)、2,000円(小人・障がい者)
有効期間販売当日より3日間有効
有効区間一畑電車、一畑バス(松江管内・出雲管内路線バス)、松江市営バス(路線バス)、出雲空港連絡バス、米子空港連絡バス
販売場所松江しんじ湖温泉駅、出雲大社前駅、電鉄出雲市駅(一畑電車以外でもお買い求めいただけます。詳しくは下記URLをご覧ください)
その他縁結びパーフェクトチケット
引用:一畑電車公式HP

詳しい使用方法、優待施設はこちらから

出雲空港連絡バスで出雲市駅へ

地方の空港って、バスの時刻が明確に決まっていないことに驚きました。出雲縁結び空港は、飛行機の到着時間にあわせて、松江、米子、出雲方面へのバスが運行されています。合理的といえば合理的。

出雲方面へは個のバス停から出発。出雲市駅までおよそ30分で到着です。東京からでも、17時に会社を出て、21時ころにはホテルに入ってくつろげる・・・出雲大社、意外と近いですね~!

出雲Contents

  1. いざ!出雲大社へ-出雲空港(出雲縁結び空港)
  2. 天然温泉 八雲の湯 ドーミーイン出雲
  3. のどくろ専門居酒屋「のどくろ日本海」
  4. 日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)と経島(ふみしま)
  5. 八百万の神が上陸する地、稲佐の浜
  6. 神話の舞台、神迎の道 上の社 屏風岩
  7. 出雲そばの名店 荒木屋
  8. 旧大社駅舎
  9. 出雲大社「八足門」内で特別参拝 体験記
  10. 一畑電鉄で松江しんじ湖温泉へ
  11. 島根美術館と宍道湖の夕日
  12. 世界に誇る日本庭園 足立美術館
  13. 縁結びに効果あり!八重垣神社鏡の池の水占い
  14. 私的パワースポット!玉作湯神社
  15. 美人の湯で有名な玉造温泉で日帰り入浴

明日は、出雲市駅前にある、天然温泉 八雲の湯 ドーミーイン出雲をご紹介します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。