アラフィフ旅マニア ブログ。神社仏閣、仏像、遺跡、御朱印、美術館と、ちょっと贅沢なリゾートをご紹介します。

御殿場プレミアムアウトレットと木の花の湯

41

御殿場Contents

1.時の栖イルミネーション2020-2012
2.赤から御殿場店
3.御殿場プレミアムアウトレットと木の花の湯

日本全国あちこちのアウトレットに行きましたが、なんといっても入っているブランドとその品ぞろえ、周囲の環境ともにイチオシなのが、御殿場プレミアムアウトレットです。

御殿場プレミアムアウトレットはちょうど20周年。「新生、御殿場」をテーマに、新しくHILL SIDE エリアも増設。今まであったEAST、WESTと同規模のエリアが開発されて、現在その面積は日本一。

なにより特異なのは、敷地内から見える世界遺産富士山の美しさ。単なる買い物としてではなく、景色を楽しむ旅行の目的地としても最適です。写真は新しくできたヒルサイドの最上階から見た富士山。ヒルサイドエリアは段差をうまく利用して作られた階段状に段差のあるショッピングソーンです。

アクセス

運転できない私にとって嬉しいのは、関東エリアから直通バスが出ていて、自家用車でなくても簡単にアクセスできること。特に東京駅からは本数も多く、車内で割引くチケットなどももらえるため非常にオススメ。また、あまり知られていないかもしれませんが、日本を代表する観光地、箱根からのアクセスも抜群で、箱根に宿泊し、翌日は強羅からのバスで小一時間でアウトレットへ。夕方はアウトレットから直行バスで東京駅へ、というプチ旅行を楽しんでいました。このルートは交通費も安いですし、乗り換えもなくて楽ちん。今回、お友達とアウトレットで集合し、夜高速バスで一緒に東京駅まで戻ったのですが「こんなに近いと思わなかった」と驚かれてしまいました。

実は今回、富士山河口湖方面へも足を延ばす予定でしたが、緊急事態宣言のため取りやめに。富士五湖方面へのアクセスも良好なので、次回はぜひそちらへ向かい、浅間神社めぐりをしてみたいと思います。

そのほか、神奈川、静岡の各地へもバスが出ていますので、こちらで検索してみてくださいね。

バスで御殿場プレミアムアウトレットにいくにはこちらから

電車の場合は、JR御殿場線で御殿場駅下車。そこから無料のシャトルバスが出ています。バスの発着は乙女口のほうですね。

富士山、御殿場、箱根エリアの観光案内所がありました。レンタルバイクの貸し出しもしているようでしたよ。

駅の周りはあまりお店がないのですが、コーヒーショップを発見。待ち時間が長いときはここで寒さをしのげそう。

毎時00分、15分、30分、45分と一時間当たり4本も出ていて便利。アウトレットまでは15分程度で到着です。本数も多いのに満席でびっくりしました。

御殿場プレミアムアウトレットでショッピング

といいましても、買い物に夢中で写真をほとんど撮っていませんでした笑。

注意すべきは・・・ヒルサイドエリアにできた、静岡の名店「さわやか」のハンバーグ・・・は、朝一で整理券をもらわないと食べられないということ。私たちはなんとオープン前から滞在していたのにそれを知らず、のんきにお昼前に到着したところ11時の時点で「本日の整理券は配布完了しました」の文字に絶望しました。どれだけ人気なんでしょう、期待が膨らみすぎて、次回は買い物前に突撃するようにします!

そのほか、私がいつも行くのはスペインのマヨルカ島発祥のシューズブランドCamper(カンペール)やスワロフスキー。今回は大学生になる息子のためにRalph LaurenやMOLESKIN(モレスキン)で服やバッグを購入しました。モレスキンは手帳で有名なブランドですが、PC用のバッグも種類が豊富なんですよ。

お友達のリクエストでやってきたのは、スペインのチョコラティエ、ピエール・マルコリーニ。ちょうどお正月前だったので福袋を購入できました! 娘へのお土産にしたら大喜び。また、こちらで購入できる珈琲もチョコレートにあわせていただくと絶品でした。

チョコレートパフェをイートインでいただきました。もうね、一口クリーム部分を食べて感激しました。定番の日本人ならみんな好き!という組み合わせで、ちょっと斬新すぎた日本橋のお店で食べたものよりも美味しかったです。ランチに中華を食べたのですが、お店を出たとたん「失敗した・・・」とつぶやいてしまったのですが、直後にコレをたべて気分急上昇でした。

ヒルサイドエリアは比較的価格帯の手ごろなものが多いですね。メリーゴーランドもあって、子ども連れをターゲットとしていそうです。とにかくここからの富士山の眺めが絶景なので、ぜひ足を運んでみてください。東京駅などからのバスが到着するWESTエリアのバスターミナルからは一番遠いのですが、ヒルサイドからも無料のシャトルバスが出ているので、行きは歩いて、帰りはバスで、とすれば疲れた足も少しは楽かもしれません。

プレミアムアウトレットは独自のアプリがありまして、その中で配られているクーポンが秀逸。2点以上買うと10%引き、などというものもありますので、お買い物前にインストールして活用してみてくださいね。

御殿場プレミアムアウトレットアプリ紹介ページはこちらから

また絶対に来たい! 木の花の湯

折角富士山も見える御殿場に来たからには、絶景露天風呂に入りたくなりませんか? 私は毎回なります笑。 以前は、検索して、その日に空いている露天風呂を探して入りに行っていたのですが、今回のお目当ては2019年12月に御殿場プレミアムアウトレット敷地内にできた「木の花の湯」こちら、アウトレットで3万円以上購入すると、平日大人1600円、土日祝日大人1900円の入館料が無料というキャンペーンを実施中だったんです。もちろん、入りますとも!

ただ、残念ながら私は買い物に時間がかかってしまい、賞味15分しか入浴できなかったという痛恨のミス。お友達は早めに切り上げて、1時間ほどマッサージを受けて極楽気分だったそう。隣にホテルもできているので、次回は1日ショッピング、1日温泉で楽しみたい、という野望が芽生えたくらい、素晴らしい施設でしたよ。

最初、地図を見ないですぐ見つけられると思ってぷらぷらと探していたら、いつまでたっても発見できず・・・正解は、ヒルサイドのバスロータリーを右手に間借り、立体駐車場で最上階まで上り、そこから連絡通路へ・・・という難易度の高いコースでした。迷っている間に富士山が夕陽に色づいてきました。

ここが、立体駐車場を下りてから向かう連絡通路。ここから見る富士山も最高でしたよ。正面の建物がホテルCLADと日帰り温泉 木の花の湯。

やっとここまで来ました~。ホテルの入り口を過ぎて、さらに先が木の花の湯入り口です。

とにかく敷地の一番奥なんですね。正直、アウトレットのほうが原宿並みに込んでいたので、こちらの温泉もめちゃくちゃに混雑していると予想していたんですが・・・空いていました! きっと立地も影響していると思います。WESTからですとここまで来るのに余裕を見て1時間と考えたほうがいいかも。バスもありますが、本数が30分に1本程度なんですよね。バスに乗ってしまえば5分で到着します。

やっぱり富士山ですよね! お正月飾りがあって縁起がいい。

温泉の入り口は2階になります。

マッサージの受付がありました。今回は30分しかない・・・無理、涙。次回は絶対マッサージも受けます。20分で2100円~。受付前をまっすぐ進むと

全面ガラス張り・・・富士山が目の前に。

富士山を正面に見る形で、横長に休憩スペースが続きます。「休息房」は、350㎡もあるんですって。

なにかがちらっと見えたので、時間がないのに散策開始。

なんと2500冊のコミックと様々な書籍が置かれたライブラリーもありましたよ。ここって、個室気分で横になれる二段ベッドもあるではないですか!

さらに奥には少し照明をおとしたうたた寝できるスペースも。もう、ここで一日本を読んで、温泉はいって、マッサージ受けて・・・という極楽の時間を過ごしたい!

脱衣所の入り口にかかる「富岳悠然」の書。

温泉は15分しか入れなかったんですが、最高すぎました! 日帰り温泉でトータルで考えたら一番良かったかも。立ち湯が多くて、なんと立ったままこの富士山の景色を眺められるんですよ。夕陽に輝く富士山がだんだんと夜の闇をまとい姿を変えていく様をただ無言で眺めました。一番良い時間に入浴できたのかもしれません。素晴らしかったです。

木の花の湯公式HP

〒 412-0023 静岡県御殿場市深沢2839-1
Tel.0550-81-0330 (自動音声ダイヤル)

17時45分発の、東京駅行きの高速バスで帰り、東京駅の大丸で抹茶白玉パフェと松茶そばを食べて帰りました。12月のプチ旅行も楽しかった!

25-01912_辻利_白玉パフェ
辻利_白玉パフェ

明日からは桜の時期に訪れた、飛騨高山、飛騨古川をご紹介します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。