アラフィフ旅マニア ブログ。神社仏閣、仏像、遺跡、御朱印、美術館と、ちょっと贅沢なリゾートをご紹介します。

セイルフィッシュカフェ | ルネッサンスリゾートオキナワ

108

SAILFISH CAFE オールディダイニング ブッフェ

セイルフィッシュカフェは、朝7時から夜21時まで、ブレックファスト、ランチ、ディナーとメニューを変えて営業しているメインダイニングです。

ロビーフロア1階の、海側の広い場所を占めており、全304席、海風が気持ちよいテラス席もあります。

メニューは、朝食は店内のオーブンで焼き上げるパンやオムレツなどの玉子料理、フルーツを絞ってつくるフレッシュジュースと「正しいホテルの朝食」メニューが並びます。

ランチとディナーは、「アジアンフュージョン」を謳っていて、エスニックな料理がたくさん並んでいて、大人の舌を満足させてくれます。

ちなみに、ファミリー向けホテルだけあり、辛いもの、香辛料が苦手なキッズも安心な、ピザやポテト、カレー、唐揚げといった、子ども大好きカウンターもあるので、大人も子どもも好きなものをお腹いっぱい食べられますね。

朝食メニューはこちらから

ランチメニューはこちらから

ディナーメニューはこちらから

沖縄Contents

  1. おんなの駅なかゆくい市場
  2. 施設案内 | ルネッサンスリゾートオキナワ
  3. デラックスツイン客室紹介 | ルネッサンスリゾートオキナワ
  4. ルネッサンスビーチ | ルネッサンスリゾートオキナワ
  5. マリンスポーツ | ルネッサンスリゾートオキナワ
  6. ドルフィン、海亀、エイ | ルネッサンスリゾートオキナワ
  7. プール | ルネッサンスリゾートオキナワ
  8. エステ タラソテラピーサロン | ルネッサンスリゾートオキナワ
  9. Club Savvy クラブサビーとは | ルネッサンスリゾートオキナワ
  10. 青の洞窟でシュノーケリング | ルネッサンスリゾートオキナワ
  11. MARIBU BEACH マリブビーチ | ルネッサンスリゾートオキナワ
  12. セイルフィッシュカフェ | ルネッサンスリゾートオキナワ
  13. サンセットパーティー | ルネッサンスリゾートオキナワ
  14. 彩 朝食 | ルネッサンスリゾートオキナワ
  15. 彩 ランチ | ルネッサンスリゾートオキナワ
  16. 彩 ディナー | ルネッサンスリゾートオキナワ
  17. コーラルシービュー 朝食 | ルネッサンスリゾートオキナワ
  18. コーテルシービュー ディナー | ルネッサンスリゾートオキナワ
  19. フォーシーズン 朝食 | ルネッサンスリゾートオキナワ
  20. 海風 ディナー | ルネッサンスリゾートオキナワ
  21. 寿司バー ロイズ | ルネッサンスリゾートオキナワ

セイルフィッシュカフェのシステム(営業時間、料金、入店)

Club Savvyクラブサビーで宿泊していると、このセイルフィッシュカフェにはほぼ毎日お世話になります。朝食とランチが無料になるんです。

利用方法は、セイルフィッシュカフェのこの入り口のすぐ奥にあるカウンターで、ルームキーとClub Savvyのストラップを見せるだけです。すると、ホテルロゴの「R」を象った金属製の大きなペーパーホルダーのようなものを持って席に案内してもらえます。ここのお店はブッフェなので、そのオブジェが置かれている席はり「利用中」。退店する際にそのオブジェをスタッフの方にお返しするだけでOKです。

ちなみに今はどうかわからないのですが、2020年10月の宿泊時にはチェックイン前のランチも無料になりました。これは、ホテル到着時に荷物を預けた際に、紙のチケットをもらって、それを提示することで無料になりました。もしかするとこの日はとても混んでいて、チェックイン時にすごく待たされたという背景もありますので、絶対とは言えません。ただ、ルネッサンスリゾートオキナワは基本的にチェックイン前、チェックアウト後も宿泊日当日はホテル施設を使用可能としているようなので、早く到着した場合は聞いてみるといいかもしれませんね。

ブレックファーストブッフェ

時間7:00〜10:00
料金大人¥2,000 小学生¥1,400
※ご宿泊の方は無料

アジアンフュージョンランチブッフェ

時間11:30~14:30
料金大人¥2,200
小学生¥1,100
幼児(3〜5歳)¥660

アジアンフュージョンディナーブッフェ

時間17:30〜21:00
料金大人¥4,400 小学生¥2,200
幼児(3〜5歳)¥1,320
引用:ルネッサンスリゾートオキナワ公式HP

キッズバイキング

お料理カウンターの一番奥にはピザ用の釜があって、常に焼きたてのピザが提供されています。基本3種類。マルガリータのようなトマト系と、チーズ大好き絶賛のクアトロフロマージュ、エスニックなコリアンダーがかかったピザがあり、どんな好みにも対応可能。甘めのカレーやポテトなどのキッズメニューもこのエリアにまとめられているので、「まず子ども用の食料を調達!」という方はここだけ見ればOKでしょう。キッド用の食器も用意されています。

ドリンクコーナー

店内の中央と、壁の反対側のテラス席側に大きなドリンクコーナーが設置されています。

ホットミール

ホットミールは日替わりで、おおよそ2日に一回の割合で同じメニューに遭遇できました。「チキンカシューナッツ炒め」などのアジアンエスニック、このレストランならではの「ブラックマーボー豆腐」、「ゴーヤーチャンプルー」といった沖縄料理がありました。

ナシゴレンやミーゴレン大好き! 毎日食べていましたね。

ここはカレーコーナー。欧風のカレーが左の茶色のもの。中央はホテルオリジナルイエローカレー。これめちゃくちゃ美味しかった! レッドカレーの日もありました。右のタジン鍋の中に、レモンライスがあります。本当にレモンのスライスも入っていてさっぱり、ぱらぱらなライスがカレーによく合います。

これも日替わりなのかな? この日はベトナム料理のバインミー。別の日はミートパイ、ミニハンバーグの時もありました。丸のままごろんっておかれているのが嬉しい。バインミーはフランスパンに肉が挟んであるだけなので、付け合わせで大分味が変わります。スイートチリソースとかコリアンダーを挟むと本格的なエスニックになりますね。

コールドミール

サラダ、ヨーグルト、フルーツコーナー。もう一つ、同じサイズの保冷台があって、そこにある「バンバンジー ジーマミーソース」がめちゃくちゃオススメ。「塩豆腐カプレーゼ」も美味しかったです。

フレッシュベーカリー

焼きたてのパンも日替わり。子どもが喜ぶスマイリーパンやカメロンパン、ハード系のパンもありますね。

ヌードルコーナー

ヌードルコーナーには、うどん、フォー、中華めんの3種類がありまして・・・

白湯スープ、うどんのつゆ、ラオススープの3種類から組み合わせることができます。個人的にはフォーとラオススープの組み合わせがお腹にやさしくて美味しかったです。

デザートコーナー

毎日お世話になっていました、アイスクリームコーナーは、マンゴーシャーベット、パイナップルシャーベット、バニラアイス。パイナップルがさっぱりしていてお気に入り。

ゼリームース、冷たいケーキはこちら。パッションフルーツとココナッツムース、マンゴムース、抹茶ケーキ、イチゴのケーキなど。

シークヮーサーアンダギーが珍しいので食べてみて! 紅イモタルト等、沖縄ならではのデザートもありましたよ。ラズベリームース、ココナッツケーキ。

実食!

「日替わりおすすめ料理」の本日のパイ包み。カレー風味で美味しかった。

コールドミールのカウンターにある前菜。「バンバンジー ジーマミーソース」が手前にある野菜です。奥がカプレーゼ。

ビーフカレーVSレッドカレーwithレモンライス。・・・どうしても両方食べてみたくて笑。

マンゴー、パイナップルのシャーベットとバニラアイスに、シークヮーサーアンダギーを添えて。

右は中華麺と白湯スープ。中央はイエローカレー。奥が「日替わりおすすめ料理」の、島豚ロースト フルーツランデブー。日替わりは4種類あるみたい。

上からミニハンバーグ、時計回りでミーゴレン、カシューナッツ炒め、春雨サラダ、ゴーヤーチャンプルー、ナシゴレン、中央は黒い麻婆豆腐。

島豚ロースト フルーツランデブー。ポークなのでお肉自体もさっぱりしていて、さらにフルーツの酸味が重なって、ホテルブッフェでよくあるローストビーフとは違ってぱくぱくいけちゃいますね。

テラス席は、レストラン最奥のドアを抜けた防波堤側と、ルネッサンスビーチに面した側の2か所にあります。どちらも見晴らしがよくて気持ちいいですよ。

ホテル建物の手間にあるパーゴラ部分奥にセイルフィッシュカフェがあります。

明日はルネッサツンスリゾートオキナワ宿泊記、セイルフィッシュカフェのサンセットパーティーご紹介です。サンセットパーティーはこのパーゴラ部分と、防波堤のところを利用して行われます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。