アラフィフ旅マニア ブログ。神社仏閣、仏像、遺跡、御朱印、美術館と、ちょっと贅沢なリゾートをご紹介します。

リーガロイヤルホテル広島 スタンダードフロア 宿泊記

213

観光地、空港へのアクセス100点満点の老舗ホテル

リーガロイヤル広島のメリット

出雲観光のタイムスケジュールをご覧いただいた方は御存知の通り、今回の旅行は「ザ・観光」。

最近旅の傾向が二極化していて、ちょっと贅沢なホテルや旅館に泊まるという「宿泊体験自体を目的」とした旅と、ひたすら効率よく観光地を巡る、「観光目的」の旅に分かれてきています。今回は後者なので、とにかく観光地に近く、アクセスが良く・・・という観点で選んだのが「リーガロイヤルホテル広島」でした。

そうはいっても、出雲ではビジネスホテルだったので、「ホテルの美味しい朝食も食べたいな~」という、食い気も加味しての選択です。リーガロイヤルホテルのお食事って美味しいんですよね。

このホテルのいいところは、広島のバス発着の中核「広島バスセンター」がホテルの真横にあること。これにより、松江からの高速バスを降りて5分以内にホテル到着。最終日もホテルに荷物を預けて置いてギリギリまで観光し、隣のバスセンターから空港に直行! という夢のようなアクセスを手に入れられました。実際にどのくらい便利だったかというと、19時ころのエアポートリムジンに乗って、21時半には羽田に到着していたという・・・この日、気流も良くて20分早く到着した、というのもあるんですが、広島市街地から羽田まで2時間半って近すぎませんか?

さらに平和公園や広島城は徒歩圏で、ちょっと遠方の宮島嚴島神社へ大通り縁から発着している路面電車に乗れば、ちょっと時間はかかるものの最低運賃で安くフェリー乗り場までアクセスできます。路面電車の乗車体験や車窓からの海の景色も旅の醍醐味ですし、良いこと三昧。

さらにさらに笑 ホテルの隣は大規模な商業施設、「そごう」も近接していて、お土産購入やランチ、ディナーもより取り見取り・・・って、「広島宿泊で他のホテルの選択肢なんて無いんじゃない?」とリアルに思いました。

・・・とデメリット

デメリットといっても今後改善すると思うのですが、ホテルの施設がやはり年季が入っていてるので、水回りやリネン類がちょっと古く感じましたね。あとは場所が良すぎるので仕方ないのですが、コスパがちょっと悪いかな~と思いました。1人旅なので、ツインルームのシングルユースだから仕方ないのもありますね。

施設の古さに関しては、エグゼクティブフロアはリノベーションされていて、写真を拝見するだけでも快適そうなので、そちらを予約すれば問題解決。コスパも普通に二人で宿泊すれば妥当な値段だと思うので・・・ということで、あまりデメリットはありませんでした笑。

20:44 広島バスセンター到着 ホテルへ

広島バスセンターの到着ホームは上階にあるので、ホーム階からエスカレーターでくだり、地上階にでます。リーガロイヤルホテルは1番口です。1番口は商業施設の営業時間が過ぎると通れなくなるので、その場合は2番か4番から出て、左に進むと写真の広場、その先にリーガロイヤルホテルがあります。

3月ですがお花が奇麗でした。予定では20時44分到着でしたが、写真を見るとまだ20時半。少し早く到着しました。青い文字で書かれている、「Pacela」の看板下あたりがホテルの入り口になります。

エントランスからロビー

ここからホテルに入ります。

先ほとの広場に面して、「ダイニング ルオーレ」があります。ここは欧風料理のビュッフェやアラカルトが楽しめるオールディダイニング。私は最終日にお茶だけしましたが、なかなかの盛況ぶりでした。

通路を進むとロビーに出ます。こちらでチェックインをして、エレベーターに向かう前にぜひやっていただきたいことがあります。それは・・・地元のフリーマガジンのチェックです! このロビーにはいろいろな種類のフリーマガジンが置かれていたのですが、さすが観光地広島、東京で購入したガイドブックには載っていないような、ディープな紹介と割引きクーポンが豊富だったんです。結果、予定を変えて牡蠣屋さんに食べに行ったら大正解・・・! ぜひ試してみてくださいね。

スタンダードフロア客室紹介

リーガロイヤルホテル広島のスタンダードフロアは14~25階。スタンダードフロアといってもそこそこ高さがあるので、眺望はかなり良いです。窓が大きくとられているのも◎

ただ、ホテルの内装のカラーがちょっと重厚感がある・・・というか、古めかしい感じで、あまりテンションが上がりませんでした。これは好みの問題なので、こういう落ち着いた雰囲気が好きという方もいらっしゃいますよね。

今調べてみたら、スタンダードルームでも22~36㎡まで、いくつかの部屋タイプがあるんですね。私が宿泊したのは26㎡のタイプです。

スタンダードフロアの客室詳細はこちらから

スタンダードフロア ツイン

 広さベッドサイズ料金
スタンダードツイン 38.0m238.0m2120cm×200cm¥47,190~(1室2名様利用)
スタンダードツイン 35.0m235.0m2120cm×200cm¥43,560~(1室2名様利用)
スタンダードツイン 34.0m234.0m2120cm×200cm¥39,930~(1室2名様利用)
スタンダードツイン 26.0m226.0m2110cm×200cm¥31,460~(1室2名様利用)
スタンダードツイン 24.0m224.0m2110cm×200cm¥29,040~(1室2名様利用)
スタンダードツイン 22.0m222.0m2110cm×200cm¥26,620~(1室2名様利用)
引用:リーガロイヤルホテル広島公式HP

窓側からドアに向けて撮影しました。ドアを入ってすぐ左にユニットバス、全身鏡、反対側にクローゼットというスタンダードな間取りです。

ベッドサイズは110cmの、セミダブルよりちょっと狭いタイプ。自宅ベッドが120cmなのでちょっと狭く感じました。ベッドの上に置かれているパジャマはフリーサイズ。

ベッドの向かいは、左から空気清浄機(加湿器付)、スリッパ、荷物置き、テレビです。テレビ台が情報コーナーになっていて、ホテルのインフォメーションガイドやリーフレット、広島ガイドが置かれていました。

浴室側のベッド横にあるテーブルに、電気ポット、冷蔵庫、茶器、グラスが用意されています。

ユニットバスもスタンダードなタイプ。アメニティも基本的なものがそろっている感じです。その中で便利だったのは、クエストのナチュラル スキンローション(化粧水)、ナチュラル ミルクローション(乳液)、ナチュラル クレンジングローション(メイク落とし)のトラベルセットです。

玉造温泉で購入した、発泡清酒を寝酒でいただきます!

夕飯を食べられなかったので、玉造温泉のバス停そばにある「地酒と器のひとしずく」という立ち呑み&地酒と手記販売のお店で購入してきた「雪香」という発泡清酒をいただきました。これ、氷で冷やしちゃったんですが、甘さ控えめ、発泡強めで、泡が本当に雪みたいに奇麗でしゅわしゅわと弾けてとっても美味しかったです。では、おやすみなさい。


早朝の景色

おはようございます。今日も日の出とともに起床です。基本、朝日が見たいため、旅先ではカーテンを開けたまま休んでいます。

昨夜は外の景色が見えませんでしたが、窓の外を見たら広島バスセンター側でした。昨夜見たガーデニングが奇麗です。

遠景はこんな感じです。瀬戸内海の島々も見渡せます。

朝のホテル周辺

朝食をいただいてすぐ、嚴島神社に向けて出発しました。朝の風が気持ちいい~! 朝のショッピングモール「パ セーラ」。

正面が広島バスセンター、右手がそごうの入口です。そごうも、パセーラも結局行けず・・・。お土産は広島バスセンター内の大きなお土産屋さんで購入しました。

広島バスセンターのお土産屋さんはこちらから

穴場といえるほど空いていて、品ぞろえも良かったので、「ひろしまStore」をお勧めします!

そごう本館は県庁と電車通りの角が正面玄関で、こちらは新館の「パ セーラ」側の出入り口です。


広島Contents

  1. リーガロイヤルホテル広島 スタンダードフロア 宿泊記
  2. リーガロイヤルホテル広島 リーガトップ朝食
  3. 宮島へのアクセス
  4. 宮島グルメを一挙ご紹介!
  5. 満潮と干潮 嚴島神社の二つの顔
  6. 宮島散策
  7. 大願寺と厳島龍神、九本松
  8. 弥山 恋人の聖地
  9. 弥山 山頂展望台へ
  10. 千畳閣(豊国神社)は嚴島神社絶景View
  11. 宮島で最も古い寺院 大聖院
  12. 鎮魂 原爆ドームと平和記念公園
  13. 広島県人の誇り、広島城と廣島護国神社

次回は「リーガロイヤル広島の朝食」をご紹介します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。