アラフィフ旅マニア ブログ。神社仏閣、仏像、遺跡、御朱印、美術館と、ちょっと贅沢なリゾートをご紹介します。

霧島周遊観光バスりょうま号乗車体験-霧島温泉市場と丸尾滝

52

次に向かったのは丸尾バス停そばにある、霧島温泉市場です。こちらで70分ほどのお昼休憩も兼ねた滞在になります。先ほどの嘉例川駅でお弁当を買った方は、こちらで駅弁を広げていらっしゃいましたが、私はせっかくなので黒豚をいただきにトントン亭へ足を運びました。ここには有料の足湯がありますが、周遊観光バスのパスポートで無料になりますので、忘れずに観光案内所へお持ちください。

11月28日(土)

時間場所備考
7:00霧島ホテル朝食アゼリア
8:23硫黄谷バス停エアポートバス(ホテルで「のったりおりたり」パス購入
9:02鹿児島空港着霧島「のったりおりたりマイプラン」1日乗車券(大人1,100円)
10:04鹿児島空港発/9番乗り場霧島山コース(りょうま号)予約電話番号:0995-45-6733
西郷公園(滞在)10時07分/ 10時45分
嘉例川駅(滞在)11時25分 /11時55分
塩浸温泉龍馬公園(滞在)12時19分/ 13時40分 
丸尾(霧島温泉市場/昼食自由)13時51分/ 14時40分 ランチ トントン亭
霧島神話の里公園(滞在)13時51分/ 14時40分
霧島神宮(滞在)、山神社14時45分/ 15時50分
16:10丸尾
16:14丸尾エアポートバス
16:20硫黄谷バス停
霧島ホテル西館ツインルーム ディナー付き 飲み物別途 温泉パラダイス

霧島温泉郷の中心、霧島温泉市場へ

霧島温泉市場とは:霧島温泉郷の中心にあり、観光案内所のほか、特産品を扱うみやげ店と食事処が集まった便利なスポットです。

温泉の蒸気で蒸した卵や野菜があり、広場には有料の「湯けむりの里・足湯」(40~45度・塩化物泉)もあります。

引用:霧島温泉市場公式HP
店名霧島温泉市場
住所鹿児島県霧島市牧園町高千穂3878-114
最寄り駅・交通アクセス・JR肥薩線霧島温泉駅から車で約20分
・九州自動車道・横川ICより車で約35分
・鹿児島空港から路線バス霧島いわさきホテル行きで約30分、丸尾下車、徒歩約1分
電話番号0995-78-4001
営業時間8:30~18:00
※店舗により異なります。
定休日不定休
店舗に直接お問い合わせください。
引用:霧島温泉市場公式HP

黒豚料理を食べにトントン亭へ

いつも一人旅だとぼっちランチが多いのですが、羽田から日帰り弾丸旅行をされていた方と一緒にランチをすることになりました。お蕎麦か黒豚か、という選択で、もちろん黒豚に決定。トントン亭さんは2階にあります。

店外のメニューです。周遊観光バスのパスポート定時でソフトドリンク一杯無料。黒豚ヒレカツ御前1430円をいただきました。
店内はこんな感じです。テーブル席とお座敷があります。なんと・・・初対面の人と一緒で緊張していたのか、料理の写真を撮り忘れていました・・・無念

霧島温泉市場施設紹介

霧島温泉市場は2階建てで、大きく分けて建物内に観光案内所、お土産屋さん、お食事処があります。対して屋外は広場のようになっていて、足湯と蒸し場があります。

2階から広場を臨む。緑の屋根の下が足湯です。足湯は、100円(タオル付)
2階の観光案内所前からの撮影。右の緑の屋根が足湯。左の煙が出ている場所が蒸し場です。
ここでも霧島温泉観光大使、アヒル隊長が元気に頑張っていましたよ!
このドアの中が霧島市観光協会。足湯の無料チケットはこちらでいただけます。坂上のほうの階段を上がったところにあります。
広場にはいくつか机と椅子が置かれていて、ソフトクリームや温泉卵、蒸し野菜などを思い思いに食べていました。
蒸し場の写真を撮るべく接近遭遇。すごい煙です。
煙がすごくて中が良く見えない・・・!
風上から撮影成功笑。まんべんなくいろんな種類をひと籠で蒸していますね。
温泉卵×2個とスイートコーンを購入しました! 本当はいろいろ試してみたかったんですが、お腹いっぱいで。温泉卵は、他の方の口コミでも書かれていましたし、バスで一緒だった方も言っていたのでそれが通常運転だと思うのですが、「割れていました」結構ぼろぼろに。(多分サービスだと思われ)剝きやすかったです。味は先ほどの塩浸温泉のものよりマイルドな温泉卵でした。みずみずしいという感じ。お腹いっぱいでホテルに持ち帰って冷めたのを食べたので、スイートコーンはちょっと水っぽくなっちゃっていたんですよね。ほんのり温泉の香りがしていて・・・アツアツで食べたかった。
蒸し場から建物全体を俯瞰。1階は写真右手からお手洗い、お土産屋さんコーナー、お蕎麦屋さん。2階は右から観光案内所、お食事処、一番左がトントン亭・・・だったと思います。お土産屋さんは、トイレの隣で霧島茶の詰め放題をしていて、 茶箱から専用の茶筒に霧島茶をむぎゅーっとあふれるくらいに詰めて1000円くらいでした。激安! 中央のお店にある粉末の「塩レモン」が美味しいと口コミで読んだので購入してみました。食べるのが楽しみ。
週末は待ち時間が発生するほど人気という足湯。
ちょうど人が引けた瞬間にパチリ。アヒル隊長が桶に変身して活躍していますよ。底にたまった湯の花が効きそうです。
ここも蒸し場で使えるのかな?蒸気が噴き出ていました。
道路側からパチリ。常に行列ができています。
霧島温泉市場をバス停からぱちり。全景です。地場のものを中心に販売していて、ちょっと道の駅みたいですね。

丸尾滝へ猛ダッシュ

もう一か所、どうしても行きたかった場所が丸尾滝。少し時期が遅れてしまいましたが、霧島温泉市場から5分ほど歩いたところにあります。紅葉の名所みたいですね。この東屋奥に丸尾滝があります。駐車場は満車で、大人気スポットのようです。

丸尾滝とは:高さ23m、幅16mの美しい滝で人気のスポット。

滝壺がエメラルドグリーンに見えるのは上流の林田温泉や硫黄谷温泉の湯が集まり、流れ落ちている珍しい温泉の滝だから。

展望台からの眺めは抜群で秋の紅葉や湯気が立ち上る冬など四季それぞれの趣がある。

夜はライトアップされまた違った雰囲気を楽しめる。

引用 霧島温泉市場公式HP
温泉が流れ込んでいる滝なので、湯気が上がっている・・・という話でしたが、気温が高かったためか湯気は観測されず。でも、滝の音って大好きです。奇麗な滝つぼの緑色と黄色、オレンジの紅葉が美しく、癒されました。心の目で見ると、滝の中央辺りに虹が見えませんか?

明日は、霧島神話の里公園です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。